フライホイール【クスコ】クラッチ 超軽量クロモリ・フライホイール 122 023 A トヨタ スプリンター トレノ AE111


 >  > フライホイール【クスコ】クラッチ 超軽量クロモリ・フライホイール 122 023 A トヨタ スプリンター トレノ AE111

麻雀用語集

フライホイール【クスコ】クラッチ LM5 超軽量クロモリ・フライホイール 122 023 A トヨタ 86 スプリンター トレノ AE111

ここではいろいろな麻雀用語をわかりやすく?

説明していきます。赤い字で書いたやつは

友達などと麻雀をやっていても耳にする事があると思うので

せめてここだけでも覚えておくといいと思います。

ちなみに数はめちゃくちゃありますのでほどほどに・・・


☆☆☆ア行☆☆☆

間四件(アイダヨンケン)

捨て牌読みのひとつ。ウラスジがダブっているので危険度が高いスジ。ここの守備講座でもふれています。

アウト

負け分が払えず雀荘から借りること。雀荘用語です。

青天井(アオテンジョウ)

点数計算を満貫で打ち切りとせずに、原則どおり符と翻数の掛け算で点数計算を行うルール。

実際これを採用する機会はほとんど無いです。とてつもない点数になってきます・・・

赤牌(アカハイ)

 や  や  のことです。 ほとんどの所がドラ扱いです。1枚持って和がれればドラ1になるってことですね。

また、この赤牌が手の中にあればそれだけで和がれるいうルールもあるのですがほとんど採用していませんね。

アガラス

オーラスで現在ラスの人が和がり、自らラスを確定させること。ラス確ってやつですね。

和がり(アガリ)

あがりのことです。ようはその局の勝者ってことですかね。

ツモ牌でツモと宣言するとツモ和がり、他家が切った牌でロンと宣言するとロン和がりとなる。

ツモやロンと発生し、手牌を他の人に公開して和がりが成立します。

和がる(アガル)

ロン和がりとツモ和がりのことです。

和がり形(アガリケイ)

和がった時の手牌の形のことです。

和り放棄(アガリホウキ)

今の局に対して和がりが許されない状態になること。少牌などをしてしまうとこれになります。

少牌ではなく、たとえ流局時テンパイしていても、テンパイ料がもらえないことが多い。

和がり止め(アガリヤメ)

オーラスで親が和がったにもかかわらず、連荘せずに、ゲームを終了させること。

亜空間(アクウカン)

戦術のひとつで鳴きを利用し、運を操作しようとする考え方。

あんまりやろうとは思わないし、できるとも思えない戦法です。

亡くなってしまいましたがA藤プロが得意としていた戦法です。

足止め立直(アシドメリーチ)

他家を牽制する意味でかける愚形や安手のリーチのことです。追っかけリーチを喰らうと寒いです。

頭(アタマ)

雀頭のことです。

頭ハネ(アタマハネ)

誰かが捨てた牌に対して、2人以上がロンの宣言をしたとき、放銃者の下家、対面、上家

の順でアガリの優先権が発生すること。

あたり牌(アタリハイ)

アガリが宣言できる牌のことです。ロンパイとも言いますね。

あたる(アタル)

自分の捨てた牌が他家のあたり牌であること。

後付け(アトヅケ)

役に関係しないメンツからフーロして、後から役をつけること。

後引っ掛け(アトヒッカケ)

リーチ後の捨て牌で引っ掛けになること。

アリアリ

ルールの一種です。喰いタンあり、先付けありのこと。

雀荘用語では、コーヒーの砂糖とミルクありって意味でもあります。逆はナシナシです。

アリス

不思議の国のではないですよ・・・。ご祝儀の一種です。メンゼンアガリの時、ドラ表示牌より

左回りに隣の牌をめくっていき、同一牌があればご祝儀をもらえる。そして、同一牌がない時まで繰り返す。

実際にはアリスなんて採用する事はまぁ無いと思います・・・

荒れ場(アレバ)

高い和がりばかり出る状態。鳴きが頻繁に発生する状態。

あわせ打ち(アワセウチ)

上家の牌と同じ牌を打つことです。

暗槓(アンカン)

自分のツモだけで同じ牌を4枚重ね、カンと発生することです。

4枚になったからといって絶対にしなければならないというわけではありません。

暗刻(アンコ)

自分のツモだけでそろえたコーツのことです。

暗刻落とし(アンコオトシ)

手の内で暗刻になっている牌を切っていくこと。

安全牌(アンゼンパイ)

絶対に当たり牌にならない牌。アンパイとも言います 16インチギャランフォルティスCY系AXEL  アクセル フォー シルバー 6.5Jx16Bluearth エース AE50 205/60R16。

一向聴(イーシャンテン)

あと1枚必要な牌がくればテンパイする状態のことです。あと2枚必要ならリャンシャンテン。

この言葉は良く聞くと思いますので是非覚えましょう。

一翻縛り(イーハンシバリ)

牌の組み合わせに一翻以上の役がなければ和がれないという、現在はほとんどあたりまえのルールです。

一鳴き(イチナキ)

手牌に対子があるとき、他家の打牌で同一牌がでたときに1枚目をポンすること。

2枚目をポンすることは二鳴きになります。

一色手(イッショクテ)

役のホンイツ、チンイツのことです。染め手とも言います。

一点読み(イッテンヨミ)

他家のアガリ牌を1種類で予測すること。あたると気持ちいいですが

やはり成功する確率はそんなに高くないと思います。

一発(イッパツ)

リーチをかけた時、次のツモまでに他家のチー・ポン・カンが入らずに和がった時につく役。

現在はほとんどの所で採用していると思います。一発ツモは気持ちいいですよね。

一発消し(イッパツケシ)

他家のリーチに対して、一発の役を消すために鳴きを入れること。

一本場(イッポンバ)

連荘または流局で場に100点棒が1本出ている状態。連荘が続けば2本場3本場~~と。

今テン(イマテン)

今さっきの打牌でテンパイしたことです。

動き(ウゴキ)

鳴きを入れることです。

打ち筋(ウチスジ)

個人によって異なる、麻雀における攻撃、防御などの戦術のこと。打ち方ですね。

打つ(ウツ)

麻雀をすること。打牌をすること。振込むこと。いろんな意味がありますね。

裏筋(ウラスジ)

捨て牌に対して危険度の高いリャンメン待ちのこと。ここの守備講座でもふれてます。

裏ドラ(ウラドラ)

リーチをかけて和がって初めて得られるドラのこと。ドラ表示牌の下の牌が普通ウラドラになります。

ルール次第ではカンした牌の下も裏ドラになります。こっちはカンウラになります。

オーラス

半荘戦では南四局のことです。東風戦では東四局のことです。

大物手(オオモノテ)

アガリ得点が高い手牌のことです。反対は安手(ヤステ)になります。

オカ

配給原点以上の点数を基準に±0をつけたとき、配給原点と基準点の差をいう。

例えば25000点持ちの30000点返しなどの場合、配給原点は25000点だが、精算するときは

30000点を基準にする。この場合の差のぶんの5000点分をオカと言います。

オカルト

論理的でない考え方のことです。

送り槓(オクリカン)

順子をずらしてカンをすること。リーチ後にするとチョンボになってしまいます。

 から  も持ってきて  をカンすることですね。

押し引き(オシヒキ)

攻撃と防御のかけひきのことですね。

オタ風(オタカゼ)

場風牌、自風牌以外の風牌のこと。鳴いても役にならない字牌のことですね。

同テン(オナテン)

他家と同じアガリ牌を待っているテンパイのことです。

親跳ね(オヤハネ)

親の跳ね満のことです。オヤッパネとも言います。

親倍(オヤバイ)

親の倍満のことです。

親満(オヤマン)

親の満貫のことです。

おりる(オリル)

自ら和がりに向かうことを止め、他家のアガリを防ごうとすること。

おり打ち(オリウチ)

オリているのに、他家のアガリ牌を打ってしまうこと。

☆☆☆カ行☆☆☆

数え役満(カゾエヤクマン)

13翻以上(場ゾロは除く)の和がりに対する呼称。

片和がり(カタアガリ)

複数の待ちであるものの、役の都合などでアガれない待ちのある状態。。

かぶせ打ち(カブセウチ)

他家の攻撃に対して危険牌を連打するうち方。

かぶる(カブル)

捨てた牌と同じ牌を立て続けにツモること。親番のときに他家に大きな手をツモられること。

後者は親かぶりなんて言ったりもします。

上家(カミチャ)

自分から見て左側の席の人のことです。

かも(カモ)

いつも大負けしてしまう人の通称。あまりいい言葉じゃないですね・・・

空切り(カラギリ)

ツモってきた牌と同じ牌を手牌から切ること。

空聴(カラテン)

テンパイはしているものの、当たり牌がすべて場もしくは自分の手牌に

見えてしまっていてアガれない状態。

仮東(カリトン)

場決めの際の東家の人。この人を基準に起家を決める。

河(カワ)

牌を捨てる場所のこと。普通はホーと読みますがカワと言うことが多いです 【お買い得前後セット】RG(レーシングギア) SRブレーキパッド ローレル C34系 GC34 2500CC 93年01月-97年06月 ターボ無 【SR529M-SR406M】。

槓(カン)

同一牌4枚を1組とする組み合わせを作る行為。アンカンとミンカンがあります。

槓裏(カンウラ)

カンドラのウラドラのことです。

完先(カンサキ)

先に役を確定しないといけないというルール。完全先付けの略称です FORZATO LEXUS IS IS350 前期 ハーフタイプ エアロ3点セット カーボン製 クリア塗装済み。

嵌搭(カンター)

順子の真ん中の牌がない状態のターツ。カンチャンターツ。

嵌張(カンチャン)

 のように間を待つ形ですね。

槓ドラ(カンドラ)

カンが成立するごとにドラが1つ増える時のドラ。最高で4つまで増えますね。

ガン牌(ガンパイ)

傷がついてしまっている牌のこと。

槓振り(カンブリ)

カンをしてリンシャン後に捨てた牌でロンアガリすること。

1飜の和がり役として認める場合もある。ほとんど採用していないと思います。

危険牌(キケンハイ)

他家の当たり牌になりそうな牌。

決め打ち(キメウチ)

序盤から最終的なアガリ形や待ち形を想定し、それに関係ない牌を切っていくこと。

九種九牌(キュウシュキュウハイ)

フーロのない純粋な第1ツモの時点で、手牌にヤオ九牌が9種類以上あること。

ルールにもよるのですが流すか流さないか決める権利があります。

強打(キョウダ)

牌を強く卓にたたきつけること。やりすぎは禁物です。

供託(キョウタク)

リーチ宣言者はリーチ成立と同時に1000点を場に供託させねばならない。

そのときの、この1000点のことです。リー棒とも言いますね。

喰い替え(クイカエ)

手の中に  などとある状態で  をチーして  をすぐに切ったりする行為。

鳴いた直後に  をすぐに切るのはダメなのですが、数順おけば問題ありません。

たいていの場所で禁止されてる行為だと思います。

喰い下がり(クイサガリ)

フーロによりアガリ役の翻数が一翻下がること。

喰い下げる(クイサゲル)

上家の捨て牌を仕掛けて、本来のツモを下家に移すこと。

上の、喰い下がりとはまた意味が違ってくるので気をつけてください。

喰いタン(クイタン)

ポン、チー、明カンをしたタンヤオのことですね。

喰い取る(クイトル)

仕掛けで相手の有効ツモ牌を自分のツモ牌にすること。

空チー(クウチー)

チーと発声したものの、そのチー行為を行わないこと。ペナルティとして和がり放棄やら

1000点供託などというルールが多いです。誤チーともいいます。

空ポン(クウポン)

上のポンバージョンですね。ペナルティも一緒になります。

くっつきテンパイ(クッツキテンパイ)

イーシャンテンの段階で、4メンツ目の候補がターツとして存在せずに

孤立牌にくっついてテンパイを果たすこと。

形式聴牌(ケイシキテンパイ)

形はテンパっているが、役がないテンパイのこと。テンパイと認めるのが一般的です

形テン(ケイテン)とも言います。

現物(ゲンブツ)

他家が捨てている牌と同じ牌のことです。

刻子(コーツ)

同一牌が3枚揃ったもののことです。

ご祝儀(ゴシュウギ)

点棒以外に、各局独立して特定の事象についてやり取りする現金のこと。

一発・裏ドラなどが典型例。フリー雀荘では結構採用しています。

小手返し(コテガエシ)

手出し・ツモ切りをカモフラージュする技。カチャカチャうるさいです・・・・

小場(コバ)

安和がりばかりが出る状態。荒れ場の反対になります。

孤立牌(コリツハイ)

ターツにもトイツにもなっていない手牌中の牌。ぽつーんとしてる牌です。

☆☆☆サ行☆☆☆

最終形(サイシュウケイ)

局が終わった時の手牌13枚の牌姿。これ以上変化を望めないテンパイ形のこと。

どちらの意味もありますね。

先切り(サキギリ)

牌効率を無視して将来的に不必要であると思われる牌を捨てること。

先付け(サキヅケ)

役に関係しないメンツからフーロして、後から役をつけること。

先ヅモ(サキヅモ)

上家の捨て牌が終わる前に、ツモ行為をすること。絶対にやってはいけません。

差し馬(サシウマ)

他の2人を無視して特定の一人と順位を争うこと。

さしこみ(サシコミ)

故意に相手に打ち込むこと。

さらす(サラス)

ポン・チー・カンによって、手牌の一部を他家に公開すること。

三元牌(サンゲンハイ)

 の総称です。

三家和(サンチャホー)

ある一人の捨て牌が他家3人のアガリ牌であること。トリプルロンともいう。

三麻(サンマ)

3人で行う麻雀のこと。

三面張(サンメンチャン)

三面張で待つこと。

洗牌(シーパイ)

手積みの場合に、牌山を積む前にジャラジャラと牌をかきまぜること。

仕掛ける(シカケル)

ポン・チー・大明カンの総称。

直取り(ジカドリ)

点棒を減らしたい相手から直接和がること。

地獄待ち(ジゴクマチ)

単騎待ちで、その牌がすでに2枚場に出ている状態。

沈み(シズミ)

持ち点数が配給原点もしくは基準点よりもマイナスの状態。

下ヅモ(シタヅモ)

牌山の下部からツモること。

字牌(ジハイ)

 の総称。ツーパイとも言います。

絞る(シボル)

自分には不必要な牌でも、他家に必要であると思われる牌をあえて切らないこと。

下家(シモチャ)

自分から見て右側の席の人。

邪魔ポン(ジャマポン)

他家がチーの発声をした後から、それを邪魔する目的でポンすること。

三味線(シャミセン)

自分に有利になるような嘘やまぎらわしいことを言って、相手をこと。

雀頭(ジャントウ)

同種牌が2枚になっている状態。頭ともいう。

雀力(ジャンリョク)

麻雀の実力のことです。

雀暦(ジャンレキ)

麻雀のキャリアのこと。

シャンポン(シャンポン)

シャボ・バッタなどとも言う。トイツが2組あり、どちらかがコーツになれば和がりという待ちのこと。

向聴(シャンテン)

テンパイまでに最制限必要な取牌回数。イーシャンテンの略としても使わます。

十三面張(ジュウサンメンチャン)

国士無双のテンパイ形で雀頭がない時のことをいう。麻雀の中で最も待ち牌が多いテンパイ形。

順位(ジュンイ)

対局者を点棒を並べた時の上からの順番のこと。

純カラ(ジュンカラ)

待ち牌が牌山に残っていない状態。

順子(シュンツ)

 のように数の並びで作ったメンツのこと。

順子手(シュンツテ)

4メンツが全てシュンツで構成されている手牌のこと。

勝負処(ショウブドコロ)

勝敗を左右する局面のこと。麻雀に限らずいろいろありますよね。

少牌(ショウハイ)

手牌が必要枚数より不足している状態。当然和がれません。

勝率(ショウリツ)

試合や勝負に勝った割合のことです。

生牌(ションパイ)

場に1枚も見えていない牌のこと。

ションベン(ションベン)

サイコロをふる時、勢いあまって卓からサイコロをこぼしてしまった状態。

筋(スジ)

リャンメン待ちのときに表れる2牌のこと。ここの守備講座で触れています。

筋引っ掛け(スジヒッカケ)

自分の当たり牌がスジになるような牌を捨てて、当たり牌を出させる技。

捨て牌(ステハイ)

河に捨てられた牌のことです。

四槓流れ(スーカンナガレ)

複数の人が合計で4つのカンを成立させた場合に流局となるルール。

四風連打(スーフーレンダ)

第1捨て牌が全員同じ風牌であった場合に流局となるルール。

責任払い(セキニンバライ)

行為に対する罰則で、他家の支払い分まで受け持つこと。

セット(セット)

仲間同士で麻雀をすること。

戦術(センジュツ)

試合などに勝つための手段、作戦。麻雀だけに限った事じゃないですね。

全山(ゼンヤマ)

当たり牌がすべて山に残っていること。

戦略(センリャク)

試合などを有利に進めるための総合的・長期的な手段、作戦。

全ツッパリ(ゼンツッパリ)

相手の攻撃を無視して、和がりに向かうこと。全ツッパともいう。

外馬(ソトウマ)

観戦者がゲームの結果を予想して賭けをすること。

即リー(ソクリー)

テンパイしてすぐにリーチをかけること。

そばテン(ソバテン)

待ちがテンパイ打牌の近くになっているテンパイのこと。

染め手(ソメテ)

一色手と同じ意味になります。

☆☆☆タ行☆☆☆

他家(ターチャ)

自分以外の3人のことです。

搭子(ターツ)

シュンツの卵。リャンメン・カンチャン・ペンチャンのこと。あと1枚でメンツになる2枚の牌のことです。

多牌(ターハイ)

手違いにより手牌が13枚より多くなってしまっている状態。あがり放棄やチョンボになってしまいます。

代打ち(ダイウチ)

賭け麻雀で当事者の代わりに打つこと。またそれを専門にしている人。

代走(ダイソウ)

卓の1人が何らかの理由で席を立たなければならない時、 一時的にその人の代わりに入って打つこと。

高目(タカメ)

待ちが数種類あり、アガリ点が異なる時、その中で最も点数が高くなる牌のこと。

打牌(ダハイ)

牌を河に捨てること。

ダブ東(ダブトン)

連風牌となる  のこと スタッドレスタイヤ ブリヂストン ブリザック VRX2 225/55R18 98Q & RMP 025F 7.0-18 タイヤホイール4本セット 225/55-18 BRIDGESTONE BLIZZAK VRX2。コーツにすれば役がダブるのでダブ東と呼ぶ。東場の東家に対して用いる。

ダブ南(ダブナン)

連風牌となる  のこと。コーツにすれば役がダブるのでダブ南と呼ぶ。南場の南家に対して用いる。

ダブリー

ダブルリーチの略。

ダブル役満(ダブルヤクマン)

役満が重複していること(大三元・字一色など)。また難しい役満は

それのみでもダブル役満にすることもあります。(国士無双13面待ち、四暗刻単騎など)

ダブロン

1人の人の切った牌が2人に人のロン牌であること。2人の人に同時にロンされること。

ダマテン

メンゼンでテンパイしているがリーチをかけないでいること。ヤミテンとも言います。

多面張(タメンチャン)

待ち牌の種類が3種類以上あること。多面待ちとも言います。

短期戦(タンキセン)

少ない半荘で勝負の結果を決めること。短期決戦です。

単騎待ち(タンキマチ)

雀頭が確定しない状態でテンパイし、その1枚を待つこと 。

ダントツ

2着の人とかなり点数の離れているトップの人のこと。

タンピン系(タンピンケイ)

手牌がタンヤオ・ピンフの形になる可能性がある形。

断ヤオ牌(タンヤオハイ)

数牌の中で2~8までの牌のこと。中張牌とも言います。

ダンラス

3着とかなり点数の離れているラスの人のこと。ダントツラスの略です。

起家(チーチャ)

東一局の親のこと。出親(デオヤ)も同じ意味です。

起家マーク(チーチャマーク)

起家の人の場所を示すマーク。東とかひっくり返すと南とか書いてあります。

チーテン

チーしてテンパイすること。ポンしてテンパイならポンテンです。

七対子(チートイツ)

麻雀の役のほとんどは中国から伝わったものですが、このチートイツは

アメリカから来てます。

7つのトイツを作るとアガりとなる形です。

槍槓(チャンカン)

麻雀のアガリ役のひとつ。他家のポンしている人が、少明カン(加カン)したときに

それが自分のロン牌である時にあがれるというもの。一翻役。

中張牌(チュウチャンパイ)

タンヤオ牌のことです。数牌の2~8ですね。

長考(チョウコウ)

ツモった牌でどれを切るか、若しくは鳴くかどうかを長く考えること。

チョンボ

局の途中に、その局を続行不可能にしてしまうこと。間違ってアガってしまったり

ルール違反を犯してしまった人はその代償として罰符を払わなければならない。

フリテンロンや山をド派手に崩したりした場合は適用されてしまいます。

つかみ取り(ツカミドリ)

場所決めを簡易化した方法 17インチ サマータイヤ セット【適応車種:ステップワゴン(RG系)】WEDS レオニス FY BMCミラーカット 6.5Jx17VEURO VE303 215/50R17。東南西北を1枚ずつ用意し、東を引いた人が

好きな場所に座り、その後順番に反時計回りに座る。

自分達が実際打つときはいつもこの方法で場決めをしています。

ツキ

運のことですね。これがあるときはよくアガれますね。とても大事です。

突っ張る(ツッパル)

他家に対し危険牌を切っていくこと。突っ張りすぎは禁物です。

積み込み(ツミコミ)

自分に有利になるように牌山を積むこと。手積み限定の行為ですね。

積み場(ツミバ)

連荘や流局によって、1本場以上積み棒を積んだ状態の局のことです。

積む(ツム)

牌を17枚ずつ2段にして山を作ること。

ツモ和り(ツモアガリ)

自分でツモってアガること。

ツモ切り(ツモギリ)

ツモった牌をそのまま切ること。

ツモ牌(ツモハイ)

ツモった牌のこと。

ツモ山(ツモヤマ)

積んである山のこと。

ツモり四暗刻(ツモリスーアンコ)

メンゼンで対々三暗刻をテンパイし、アガリ牌をツモると四暗刻になるテンパイ形。

出和り(デアガリ)

他の人からアガること。ロンすること。

出親(デオヤ)

起家のこと。その人の親から半荘が始まる。

デジタル

一局一局のつながりを無視し、一局一局を独立事象だと考えること。

手順(テジュン)

AE111 トレノ フライホイール【クスコ】クラッチ フライホイール【クスコ】クラッチ トヨタ スプリンター 023 超軽量クロモリ・フライホイール 122 トヨタ A

アガリに向けて牌を切っていく順番。

手出し(テダシ)

ツモった時手牌の中から打牌すること。

鉄砲(テッポウ)

フリー雀荘などにあまりお金を持たずにくること。危険。

手なり(テナリ)

手役などを考慮に入れず、牌効率のみでアガリに向かうこと。

手の内(テノウチ)

フーロ部分を除く手牌のこと。

手牌(テハイ)

各人の持っている牌で、フーロされていないもの。リーチをしていなければ打牌可能である牌のこと。

デバサイ

出場所最高の略。自分のアガりたい人からアガること。

手拍子(テビョウシ)

読みや手変わりなどを考えないこと。

点数申告(テンスウシンコク)

オーラスや、ドボンになりそうな時などに、自分の点数を他の人に知らせること。

聴牌(テンパイ)

1枚の有効牌でアガれる状態。この用語は是非覚えましょう。

聴牌形(テンパイケイ)

テンパイしている形。

聴牌連荘(テンパイレンチャン)

流局し、親がテンパイしているので連荘すること。

点パネ(テンパネ)

符が切り上がり点数が高くなること。

点棒(テンボウ)

得点の授受をする時に使う。点数が表示された棒のこと。

点棒状況(テンボウジョウキョウ)

4人の得点分布のこと。誰がどんなけ持っているかとかです。

対子(トイツ)

2枚の同一牌のこと。

対子手(トイツテ)

トイトイ・三暗刻・七対子・などのコーツをやトイツを中心にした手のこと。

対子場(トイツバ)

ツモの流れがシュンツになるよりもトイツやコーツになることが多くなる時のこと。

対面(トイメン)

自分から見て正面に座っている人のこと。

得点(トクテン)

あがった時若しくは流局時のノーテン罰符などで得られる点棒のこと。

得点力(トクテンリョク)

アガリという麻雀の攻撃をする部分での力。牌効率や読みを駆使してアガる力のこと。

トップ

半荘を終了した時に、1番多く点棒を持っている人。麻雀をする上で半荘単位での最終目標のひとつ。

トップ目(トップメ)

ゲーム進行中で点棒を一番多く持っている人。

トップラス麻雀(トップラスマージャン)

トップとラスが極端に多い人の麻雀のこと。

トビ

ゲームの途中で点棒がなくなってしまい、借りの状態になりゲームが終了すること。

ドボン

トビと同じ意味です。

ドラ

アガった時に、1枚につき1翻つくという牌のことで、ドラ表示牌の次の牌がドラとなる。

これは絶対というぐらい覚えておきましょう。

ドラ表示牌(ドラヒョウジハイ)

王牌の配牌を取り始めた場所から反対方向に3番目の牌山の

上の段の牌で、ドラを明示するために表に向けておく。

東場(トンバ)

半荘の最初の1周をいう。4人が順番に親を行い、もう一度

起家の人が親をやるときは南場になる。

東風戦(トンプウセン)

最初の1周(東場)だけで1ゲームをするゲーム方法。

東ラス(トンラス)

東四局のこと。この局で東場は終わり。

フライホイール【クスコ】クラッチ 超軽量クロモリ・フライホイール 122 023 A トヨタ スプリンター トレノ AE111




18インチ サマータイヤ セット【適応車種:ティアナ(J32系)】WEDS ウェッズスポーツ SA-54R ブルーライトクロームII 7.5Jx18Bluearth RV-02 225/45R18■DIXCEL(ディクセル) アウディ Q5 3.0 TFSI QUATTRO 8RCTVF AUDI ブレーキローター フロント FP TYPE


{yahoojp} {doramasu.kt.fc2.com}
{yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-79875