>  > 205/45R16 HIFLY ハイフライ HF805 HF805 TRG-BAHN TRG バーン サマータイヤホイール4本セット

205/45R16 016F HIFLY ハイフライ HF805 HF805 TRG-BAHN TRG ANH20W バーン サマータイヤホイール4本セット

205/45R16 HIFLY ハイフライ HF805 HF805 TRG-BAHN TRG バーン サマータイヤホイール4本セット

2018/08/29

  • スーツTips(豆知識)

 

ベルトは、ファッションにおいて視覚的にも機能的にも重要な役割を果たしてくれます。スーツに合わせてベルトも換えたいと考える人も多いと思います。そのなかでよくあるのが、気に入ったベルトを見つけても長さが合わなくて困ってしまうというケースです。既製品のベルトが自分の体型にぴったり合うことはなかなかありません。しかし、

205/45R16 HIFLY ハイフライ HF805 HF805 TRG-BAHN TRG バーン サマータイヤホイール4本セット,[#tong##]

タイヤ詳細 タイヤ名 HIFLY HF805 サイズ 205/45R16 87W XL 備考 【製造国】中国 ホイール詳細 ホイール名 TRG-BAHNTRG バーン サイズ 16インチ 6.0J 4H P.C.D 100 インセット 4216インチ 6.0J 5H P.C.D 100 インセット 45■付属品 センターキャップ・エアバルブ カラー フラッシュグレイ 適合車種 当ホイールセットの適合参考車種掲載の車種は、純正タイヤサイズと一般的なインチアップサイズに基づいたデータです。車両の年式・型式・グレードなどにより装着サイズが異なる場合があります。なお、記載のある車種でもホイールサイズ設定により適合しない場合があります。 トヨタヴィッツ(10系) パッソセッテ bB(20系) ファンカーゴ プラッツ プリウス(10系)  ベルタ ラウム(10/20系) シエンタ・ポルテ(10系) 等 ニッサンキューブ(Z11) ノート(E11) ラシーン パルサー 等ホンダフィット(GD/GE系) フィットアリア オルティア モビリオ/モビリオスパイク 等マツダ デミオ(DE/DY系) ファミリア Sワゴン ロードスター(NB系・NA系) 等スバル デックス 等ミツビシコルト(Z20A系) コルトプラス ディンゴ・ランサーセディア 等ダイハツクー ブーンルミナス 等

、大抵のベルトは長さを調整できるように作られています。この記事では、自分の体型に合わせるためのベルトの長さ調整法について紹介します。長さ調整法を知っていれば、長さが合わないからといって購入を断念することもなくなります。

 

205/45R16 HF805 HIFLY サマータイヤホイール4本セット ハイフライ 205/45R16 バーン TRG HF805 TRG TRG-BAHN

ベルトにもいろいろなタイプがあります。そのなかでも 17インチ サマータイヤ セット【適応車種:アコード(CU系)】WEDS レオニス FY パールブラックミラーカット 7.0Jx17ZIEX ZE914F 225/50R17、先端に金具をかませているようなベルトであれば、大体は長さを調整することが可能です。ベルトの長さを調整するためには、先端の金具を外してバックル部分を取り外す必要があります。言い換えれば、バックル部分を取り外すことができないベルトは、長さを調整することができません。バックルのない装飾性の高いベルトなど、見た目からして調整ができないベルトはすぐに判断できます。しかし、なかには見た目だけでは長さ調整が可能かどうかの判断が難しいベルトもあります。長さを調整したい場合は、購入前にバックルを取り外すことができるかどうかを確認するようにしましょう。また、さまざまな体型の人が自分にぴったりの長さに調整できるように、最初からあえて長めに作られているベルトも数多く売られています。ウエストサイズが指定されているベルトもありますが、体型に合わせようと思うのであれば、長めのベルトを自分サイズに調整するほうが簡単です。長さ調整することを前提に探すと 16インチアクセラBY系 ハイブリッドWEDS レオニス VT パールブラック/ミラーカット 6.5Jx16SINCERA SN832i 205/60R16 、ベルト選びの幅も広がります。

 

ベルトに付いている金具の外し方

 

それでは、実際にベルトの長さを調整する手順について説明しましょう。ベルトの長さ調整は、ハサミがあれば自宅で簡単に行うことができます。まずはバックル部分を取り外して、ベルト部分と分割します。バックル部分を裏返すと ミシュラン PILOT SPORT4 サマータイヤ 225/45R17 MANARAY EUROSPEED BL10 ホイールセット 4本 17インチ 17 X 7 +50 5穴 100、付け根にベルトをとじている金具があります。その金具とベルトの間にハサミの刃先を差し込み、ハサミを横にひねって押し上げるようにして金具を外します。金具が開くとバックル部分を取り外すことができます。これで、1本のベルトをベルト部分とバックル部分に分割することができます。金具を開く際は、固いこともあるのでケガをしないように注意しましょう。また、今回は金具を開く道具としてハサミを紹介していますが、マイナスドライバーや鍵などでも構いません。硬くて平らなものであれば開くことができるので、使いやすい道具を使ってください。

 

長さ調整のためにベルトをカットする方法

長さ調整のためには、ベルト部分をちょうどよい長さにカットする必要があります。なかなか思い切りのいる作業ですが、失敗してしまったら取り返しがつかないため慎重に行いましょう。初めての長さ調整やカットに不安がある場合は、最初は長めに切りましょう。長過ぎたらもう一度切るという方法で、何度かに分けて微調整しながらカットすれば安心です。最初のカットで、力の入れ具合などの感覚をつかむことができます。また、カットする際には、斜めになってしまわないように気をつけましょう。斜めになってしまうと、バックル部分の固定が甘くなって外れやすくなってしまいます。根元までハサミを入れて、力を入れて一気に切ったほうがまっすぐに切りやすいので試してみてください。目立たないように薄く目印を入れておくのも、まっすぐ切るためには有効です。

 

ベルトを金具やバックルと取り付ける方法

ベルト部分をカットできたら、バックル部分と取り付けましょう。取り外したときと逆の手順を行うだけなので Artina アルティナ スタンダードシートカバー 3684 ベージュ ライフ JC1/JC2、そう難しいことではありません。ベルトをバックル部分に差し込み金具で固定するだけです。注意点は、ベルトを奥まで差し込み過ぎないようにすることです。金具を閉じれば固定することができるので 【MI772】キックス [H20/10-][H59A] ワイルドステッチ ライトグレーxホワイト Bellezza ベレッツァ シートカバー、無理に奥まで差し込む必要はありません。金具が破損する原因にもなるので、軽く奥に触れる程度で留めておいてください。ベルトの固定のためには、金具はしっかりと閉じる必要があります。大抵のベルトは、金具を閉じた際にパチンと音がするので、その音を目安にしましょう。

 

使いやすくしたいなら長さを調整しよう!

ベルトが長過ぎると、使い勝手がよくなかったりまともに使えなかったりしてしまいます。ベルトは、ボトムスがずれ落ちないようにするという機能的な役割はもちろんのこと、見た目においてもおしゃれな印象を左右します。ウエストに巻いたベルトが余って、だらんと垂れ下がっている姿はスマートではありません。
ボトムスにベルト通しがあるのにベルトを着用していないのも、少々締まらない印象となります。ベルトはファッションにおいては脇役のように思われがちですが、意外と目につく重要なアイテムなのです。ベルトの長さ調整のポイントは、真ん中の穴を使用することを基本に考えることです。真ん中の穴を使用するのが一番スマートできれいに見せてくれるからです。痩せて体型が変わって真ん中の穴では緩くなってきた場合は、再度カットして長さを調整しましょう。逆に、太ってしまった場合は新しいベルトの購入を検討することをおすすめします。使用していない穴に跡が残っているのはあまりよい印象を与えないので、真ん中から穴をずらして使用することは避けたほうが無難です。機能的にも視覚的にも、ベルトに最大限の働きをしてもらうためには、自分の体型に合わせたサイズ調整が欠かせません。ベルトのサイズ調整はハサミ1本でとても簡単にできます。自分にぴったりの長さに調整して、スマートなスーツスタイルを目指しましょう。

ONLYブランドサイトへはこちら

{yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-80379